静かな日

そもそも鏡はいずこへ?

おーい、地デジアンテナくん、ぼくを隠れ家に通しておくれよ〜




弟に破壊されそうになって避難したんだって

ねぇ、通してったら通してよ!




う〜またしても弟!

やっとどいてくれたね。もう、怒りでお顔がぶれちゃったじゃないの。




今日はひとりっこ?

さて、人間の足がこうなってるということは、今日はお外でお仕事してきたみたいだよ。

あれ?弟は?お熱下がったし預かってもらってる?




でもお仕事であんまりかまってもらえなかったー

そういえば、おうちがずいぶん静かだね。







毎日おばあちゃん

ぼくの隠れ家への道が…

あれ?こんな上品なかばんうちにあったっけ?




ばーたん と ばぁば が いるらしい

ほう、昨日までは「ばーたん」が来てたけど、今日は「ばぁば」が来ていると。




ちっちゃいお足〜と見せかけて身体のわりに大きいらしいよ

あのね、ばぁばはぼくに、ちょっとだけかまってくれるんだよ。







そのうち振り向いてくれるよ

馴染みのない人がいると緊張しちゃう

あのね、三日連続でばーたんが応援に来てるんだけど、




この足はいつもの人間の足

ぼくには見向きもしてくれないの。ちょっと寂しいなぁ。







水換えもお写真もなくてごめんね

叩かないでね〜

弟のお熱がなかなか下がらないんだって。

早く元気になってまたぼくのおうちを覗きにおいで〜







臨戦態勢でした

こんな小さいのにかわいそうにねぇ

弟やーい、お熱大丈夫かい?




まあぼくがこの家では圧倒的に小さいんですけど

人間達も度々の看病お疲れさま。

ぼくが癒してあげるからがんばってね。